商業出版 ブランディング

出版と企業


企業のトップが出版することで企業の業績が向上することはよく言われています。
出版にかかった費用は宣伝費と考えればいいでしょう。
それ以上の効果が期待できるからです。
通常の広告と比較しても高い効果をもたらします。
読者は自らの意思で書籍を読んでいます。
通常の宣伝と比較すれば、スタートの時点で差があるのです。
書籍を読んで納得した人は、その企業の商品を購入してみたいと思います。
書籍を購入すると言うことはお金を出して内容を知りたいと思っているのです。
出版コンシェルジュの役割は企業に対して、出版の企画を提供して、効果的な売り上げにつなげるためのアドバイスをするのです。
出版コンシェルジュが活躍している状況は商業出版が主流になっていることを示しています。
企業にとって大きな宣伝効果が期待できる出版は是非とも進めたいと言うことでしょう。
出版コンシェルジュの良し悪しによって、出版の効果がわかるのであれば、その選び方は非常に重要です。
しかし、出版コンシェルジュを比較してもよくわかりません。
同じ書籍を出しているわけではないからです。
単純な比較ではなく、必要となる費用や実績を比較することになります。
書籍の内容を高めることによって強い印象を与えることが目的ですが、その書籍自体が最終赤な目的ではなく、企業の業績を伸ばす手段と考えている点に注目しなければなりません。
つまり、書籍の内容が良ければ著者である企業のトップが信頼されることになり、結果的に業績が伸びるのです。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112664638

この記事へのトラックバック